第45回 東京モーターショー 2017 BEYOND THE MOTOR TMS

第1回 全日本自動車ショウ 1954

昭和29年4月20日〜4月29日(日比谷公園)

当時の主役は商用車で、乗用車の出展は17台だった。

第1回全日本自動車ショウは、総裁に高松宮殿下のご就任を得て昭和29年4月20日、東京・日比谷公園内広場で開催された。当時、家庭の「3種の神器」は電気冷蔵庫、洗濯機、掃除機とされていた時代。クルマは庶民にとって「夢のまた夢」でしかなかった。しかし自動車産業の伸展、国産車再興を願う関係者の意気は高かった。254社が参加し、展示車両も267台を揃えた。うち、乗用車は17台。このころの車種勢力はトラックが主体で展示車の多くはトラック・オートバイなどであった。それでも10日間の会期中に54万7000人の来場者を集めた。これが潜在需要につながると、業界は、国産車の未来に明るい希望をもつことができた。


ページトップへ