第37回 東京モーターショー 2003

平成15年10月24日〜11月5日(幕張)

参加・体験型に衣替えし、入場者数もアップした。

「いま挑む心。Challenge & Change -希望、そして確信へ-」をテーマに、〝お客様参加・体験型ショー〟を標榜した第37回ショー。会場の内外を問わず、さまざまな場所でイベントを多数実施し、双方向的コミュニケーションを試みた。同時に小学生以下入場無料、高校生半額も断行。これらが功を奏してか総入場者数は142万人を越え、減少傾向に歯止めが掛かった。出品車は引き続き「環境・安全・IT技術」がキーワード。ようやく街を走りはじめた燃料電池車は、新コンセプトに進化。トヨタのPM、スズキのモバイルテラスといった新提案車は、個性的なスタイルとともに多くの関心をそそった。また、キワミ、イブキ、フーガといった和風ネーミングの多さも特徴といえる。


ページトップへ