第45回 東京モーターショー 2017 BEYOND THE MOTOR TMS

第43回東京モーターショー2013、東京ビッグサイトにて11月に開催
-全ての国内メーカー14社・15ブランドと海外から18ブランド(乗用車・商用車)が出展-

第43回東京モーターショー2013は、2013年11月22日(金)から12月1日(日)まで(一般公開は11月23日(土)から)とし、2011年の前回ショーに引き続き東京ビッグサイトの全ホールを使用します。
「世界にまだない未来を競え。」“Compete! And shape a new future.”をテーマに、乗用車、商用車、二輪車、カロッツェリア、車体、部品・機械器具関連製品、自動車関連サービスを含む総合ショーとして開催します。

全ての国内メーカー14社・15ブランド、海外からは18ブランド(乗用車・商用車)が参加

2011年の東京モーターショーは24年振りに会場を東京に戻し、出展者の大幅な増加により84万2,600人の来場者数を記録し成功をおさめました。今回も国内全ての乗用車、商用車、二輪車メーカー14社・15ブランドが出展します。ボルボ(乗用車)が6年振りに出展するなど、乗用車・商用車部門の海外からは、前回ショーを上回る18ブランドが参加します。
またプレスデー(11月20日(水)〜21日(木))の前には、国内外のプレス関係者を対象とした、会員各社のトップも参加する“メディアイベント”を開催する予定です。詳細については本年夏に公表致します。

東京モーターショーを核にお台場エリア全体がクルマ・バイク一色に染まる

東京モーターショー会場となるお台場エリアを舞台に、このエリア全体を盛り上げる企画を東京モーターショー開催直前から会期中にかけて実施します。東京モーターショー来場者のみならず、お台場エリアへの来訪者にもクルマ・バイクに触れて楽しんでいただき、多くの方々にクルマファン・バイクファンとなってもらえるよう期待しています。本企画についても、本年夏に公表致します。
更に、臨海副都心地域の活性化推進を目的とする臨海副都心まちづくり協議会(理事長会社(株)フジテレビジョン、地域の51社・団体が参加)の協力のもと、東京モーターショーに来場した方がお台場エリアをより楽しめる企画や商業施設等での車両展示などによってお台場エリア全体を盛り上げます。

前回に引き続き“SMART MOBILITY CITY 2013”を開催、<CEATEC JAPAN 2013> ならびに <ITS世界会議東京2013>と連携し日本の元気を発信

前回ショーにて新たな主催者企画として開催した“SMART MOBILITY CITY”については、今回も“SMART MOBILITY CITY 2013”として「KURUMA NETWORKING 〜くらしに、社会に、つながるクルマたち〜」をテーマに開催します。2回目の開催となる今回は、ITSを中心として「次世代自動車とそれらを取り巻く社会システム」を提示します。主催者によるコア展示を含む様々な業界からの出展とテストライド、国際シンポジウムなどを通して、より深く、より分かりやすくご紹介します。
また、本年秋に開催する<CEATEC JAPAN 2013>、<ITS世界会議東京2013>と連携し、世界をリードする安全・安心・エコで快適な未来の暮らしをデザインする最先端テクノロジーが集結、日本の元気を発信していきます。具体的には、これら3イベントの共同PR展開や共通テーマによるシンポジウムなどの実施を計画しています。

<CEATEC JAPAN 2013 開催概要>

会期:2013年10月1日(火)〜5日(土)
会場:幕張メッセ

<第20回ITS世界会議東京2013 開催概要>

会期:2013年10月14日(月)〜18日(金)
会場:東京国際フォーラム(10月14日(月)開会式)、東京ビッグサイト(10月15日(火)〜18日(金))

“プレビューナイト”の実施により新たな魅力を付加

今回の新規企画として、特別招待日(11月22日(金))の17:30〜20:00に“プレビューナイト”の実施を予定しています。入場者を10,000人(予定)に限定し、東京モーターショーをゆったりと見ていただく企画です。“プレビューナイト”は東京モーターショーに新たな魅力を付加します。入場料は3,000円(中学生以上は入場券が必要、小学生以下は保護者同伴で無料)に設定、販売時期・方法については東京モーターショーオフィシャルWEBサイトにて本年7月頃にご案内します。

* * *

添付:第43回東京モーターショー2013
開催概要
車両部門出展ブランド・SMART MOBILITY CITY 2013出展者リスト(PDF)


ページトップへ