第44回東京モーターショー2015 閉幕
-海外ブランドを含むワールドプレミア75台が集結。自工会「自動運転ビジョン」を発表-

第44回東京モーターショー2015(主催:一般社団法人日本自動車工業会(以下、自工会)、
会長:池 史彦)は、江東区・有明の東京ビッグサイトにおいて10月29日(木)から11月8日(日)までの11日間の会期で開催され、11月8日(日)午後6時に閉幕致しました。
今回のショーテーマ、「きっと、あなたのココロが走り出す。」(“Your heart will race.”)のもと、世界11ヶ国から合計160社が参加し、ワールドプレミア75台、ジャパンプレミア68台を含む417台が展示され、 11月6日(金)に会場内で開催したSMART MOBILITY CITY 2015の国際シンポジウムでは、池自工会会長より、自工会としての「自動運転ビジョン」を発表致しました。

東京モーターショーを盛り上げるための様々な盛り上げ策

東京モーターショーが、昨年60周年を迎えたことを記念し、10月24日(土)に東京モーターショー発祥の地である日比谷にて、1950年代から現在までの各年代を代表するクルマ81台を集め、「東京モーターショー60周年記念パレード」を実施したほか、関連企画では開催前及び開催期間中にお台場エリアで開催された「東京モーターフェス2015 with みんモー」に自工会が後援するなど、第44回東京モーターショー2015の事前と会期中の盛り上げを行いました。

クルマと人と都市との関わりをリアルに体感 ~SMART MOBILITY CITY 2015~

今回3回目となる主催者テーマ事業“SMART MOBILITY CITY 2015”では、「もっと自由に・・・クルマが変わる、くらしが変わる、社会が変わる。」をテーマに、2020年を見据えた東京の新たな進化と、その先を展望した先進の都市システムをイメージした展示や映像に加え、テストライドやカンファレンスを通じてこれからのモビリティ社会を多くの来場者に分かりやすく提示し、世界一のテクノロジーモーターショーを目指す東京モーターショーの企画として定着してきました。

来場者の満足度は91%、入場者数は812,500人

毎回恒例となっている「プロの運転による乗用車同乗体験試乗会」、「二輪車試乗会」、「東京モーターショーシンポジウム」、「自動車ジャーナリストと巡る東京モーターショー」など、来場者参加体験型の企画を充実、さらには、初めて東西展示棟間の無料シャトルバスを運行するなど来場者サービスを向上させました。また、東京ビッグサイト会議棟をスクリーンとしたプロジェクションマッピングの初実施など、お台場エリア全体での盛り上げも奏功し、今回の第44回東京モーターショー2015に対する来場者満足度も91.0%(前回:87.3%)に達し、次回の来場意向も89.2%(前回:86.7%)となり、次回の東京モーターショーにつながる結果となりました。
会期中の総入場者数は、前回(第43回ショー2013: 902,800人)に比べ、90.0%の812,500人となりました。閉幕日の天候影響などで、天候に恵まれた前回に比べ減少となりました。

次回の東京モーターショーの開催は2017年秋

次回の第45回東京モーターショーは、2017年秋に東京ビッグサイトで開催を予定しております。会期等を含むショー概要については来春発表致します。

以 上

ページトップへ