第42回東京モーターショー2011
-「SMART MOBILITY CITY 2011」の開催-

一般社団法人 日本自動車工業会(自工会、会長:志賀俊之)は、2011年12月2日(金)から12月11日(日)までの10日間(一般公開は12月3日(土)から)、東京ビッグサイト(江東区・有明)で開催する第42回東京モーターショー2011の会場内において、主催者が行うテーマ事業として"SMART MOBILITY CITY 2011"の開催を決定し、実行委員会を設立した。

"SMART MOBILITY CITY 2011"は、地球環境及び資源への関心が高まるなか、今後も自動車産業がその役割を果たし続けるために、「次世代自動車とそれを取り巻く社会システム」を提示するものである。

"SMART MOBILITY CITY 2011"により、日本の「次世代自動車戦略」の具現化と、クルマの"安全性"向上や"利便性"の充実をもたらすテレマティクス分野を始め、太陽光発電や地域のエネルギーコントロール、低炭素社会を実現するスマートコミュニティ分野で、クルマがどのように変化し、貢献していくのか、業種業態の枠を超え、幅広い企業の交流と新たな産業・市場の創造の可能性を通して、俯瞰していただくことができる。

また、次代のモビリティが実現する「社会、生活、夢」を、専門家・企業経営者だけではなく、東京モーターショーに来場される国内外の一般のお客様に「見て、知って、体験し、楽しんで」いただくことに力点を置くと共に、世界各国のメディアを通じて、日本の自動車産業ならびにそれを取り巻く関連産業の先進性を、発信し訴求していく。

実行委員会は、自工会モーターショー特別委員会に加え、社団法人日本自動車部品工業会、本事業の共催団体となる独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構、スマートコミュニティ・アライアンス、特定非営利活動法人ITS Japan、財団法人日本自動車研究所にて構成。

また、最先端の製品/技術/システム/サービスをプレゼンテーションする企業出展ゾーンでは、エネルギー、環境、住宅・都市、情報通信等の幅広い業種から多数の企業に出展いただけるよう本年11月29日(月)に出展者説明会を開催し、同時に出展の募集を開始する。

SMART MOBILITY CITY 2011 開催概要

名 称 SMART MOBILITY CITY 2011
テーマ 〜最先端の情報・環境・エネルギー技術が実現する人とクルマと都市の未来〜
主 催 SMART MOBILITY CITY 2011実行委員会
一般社団法人 日本自動車工業会
共 催 独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構
スマートコミュニティー・アライアンス
開催期間 2011年12月2日(金)〜12月11日(日)【10日間】
プレスデー 11月30日(水)、12月1日(木)
特別招待日 12月2日(金)
会 場 第42回東京モーターショー2011会場内
(東京ビッグサイト 西4ホール<6,840㎡>及び屋上展示場<6,000㎡>)
入 場 料 無料。但し、東京モーターショーの入場券が必要。
構 成 エキシビション 次世代社会システムのビジョンを発信する「コア展示」と車両の展示、民間企業・関係諸団体等の出展によるプレゼンテーション。
テストライド 国内外の次世代自動車の試乗、ITSの体験等。
カンファレンス 最先端の技術開発動向及び国際標準化動向等について、国内外の専門家・企業経営者・技術者による講演、セミナー、キッズ向けワークショップ等を開催。
出展募集
説明会
日時:2010年11月29日(月) 10:00〜11:00
場所:(株)電通 1階 電通ホール

出展に関するお問い合せ先

SMART MOBILITY CITY 2011事務局
〒104-0045 東京都中央区築地1-11-10
電話: 03-5565-2837 Fax: 03-5565-3113 E-mail: smc2011@motor-show.jp

以 上

ページトップへ